タグ別アーカイブ: キレイモ

せんべい汁食べたけど肉が入ってなくて寂しい

昨夜の夕食はせんべい汁でした。
母によると東北応援フェアみたいのが開催されており、そこでそれを作る商品を買ってきたそうです。
たしかせんべい汁はかなり前に食卓に登ったのですが、煮られたせんべいが粘らない餅といった感じで中々美味しかったことを覚えています。
そして今回のせんべい汁なのですが、茄子、人参、ネギ、春雨といった具でかなり具だくさんになっていました。
それはそれで美味しいのですが、やはりそういう鍋物は肉がないと寂しくてしょうがありません。
その一点だけが残念でしたが、煮られたせんべいはもちもとしていて美味しく、また食べたいと思います。
少しせんべい汁を調べてみたら、これはもともとすいとんを食べる地域のもので、すいとんを保存できるものをということでこれに使われる乾燥したせんべいが作られるようになったそうです。
道理ですいとんみたいな料理だなと思えるわけでした。
いや、私はすいとんを食べたことはないのでこれはただの印象論です。
キレイモ福岡

半分切って器にして

旅行に行くたびに御当地のラーメン、ラーメン丼付きを購入してきたものです。
丼の形は、昔からなじみのあるもので、この形が嫌いだというような人はそんなにいないのではないでしょうか。
球体を半分にした形、スイカでも、メロンでも、りんごでも、グレープフルーツでも、かぼちゃでもおれんじでも、
桃でも、とにかくその形は親しみがあります。
先日から、面白いなと思ってみています。豪快だな、とも思います。
私は、中学の調理実習で夏みかんゼリーというのを作りました。半分に切った夏ミカンの中をとりだし、カップは
器で使います。その姿の綺麗な事、それを思い出しながら、今でも夏にはつくります。
先日行ったところでは、メロンを半分に切って、その上にソフトクリームがうずたかく盛られていました。
さすがにびっくりです。別のところでは今度は、かぼちゃを半分に切って、くりぬいて中を器としてグラタンがつくって
ありました。そういえば、この国にはゆずがまという料理があったとも思います。ま半分でなくても器と蓋にして
素材そのものを使い切る、立派なものです。
キレイモ広島

油をかぶってしまいました

なんて題名を読んだだけだとものすごい大事のように聞こえますが、冷め切った油を手と足にかけてしまったというだけです笑
いや、本当は笑えないんです。
今朝はゴミの日だから、昨夜使った油を廃棄するのに袋に入れておりまして、口を結ぶためにクルッと油の入った袋を回転させたのですが、なんと穴が空いておりまして、遠心力のついた油がビシャッと体にかかったんです涙
マジか!?って一瞬凍りついてしまったけど急いでティッシュで拭き、足元のマットも一筋の油が付いていたのでそれも拭き取りました。
案外あとはすぐとれたのですが、めっちゃ油臭かったです。
もうしょうがないから、そのままゴミを捨てに行き、油の付いた服とマットはその後すぐに洗濯しました。
ミュゼ 横浜
見た目てきにはわかりにくいけど、しっかり油がしみこんでるんだろうなあと思うとちょっと憂鬱ですね。
一張羅じゃなかっただけでも不幸中の幸いって事で☆
今後は気をつけなきゃね。
固めるタイプは好きじゃないし、吸い取りタイプは今切らしてるから早いとこ買わなきゃなあ。